ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • ガラス修理あれこれ-ワイヤーガラスの特徴と設置場所

ワイヤーガラスの特徴と設置場所

ワイヤーガラスとは?

みなさんは、「ワイヤーガラス」というものをご存知でしょうか?他にも「ワイヤー入りガラス」「網入りガラス」とも呼ばれています。ガラスの中にワイヤーが入っており、火災によるガラスの飛散防止を目的としたガラスなのです。なので、防火性能に優れているガラスとなっています。火災が発生してしまった際、通常のガラスであれば熱ですぐに飛散してしまうのですが、ワイヤーガラスであれば例え火災が発生してしまっても中に入っているワイヤーが破片を支えてくれるので飛散することは無いのです。ワイヤーガラスでも複数の種類があり、通常のワイヤーガラスは「クロスワイヤー」「プロテックス」、視界を遮ってくれる「 霞ヒシワイヤー」「霞クロスワイヤー」「霞プロテックス」といったワイヤーガラスもあるのです。

ワイヤーガラスが設置されている店や場所

ガラスにもそれぞれの機能を持っているガラスがあり、それそれが適応した場所に設置されています。もちろん、ワイヤーガラスも適応した場所に設置されています。では、どういった場所に設置されているのでしょうか。上記でも説明をしましたが、ワイヤーガラスは火災による飛散防止を目的としたガラスなので、火を扱う場所に設置されています。火を扱う場所で、火災が起きやすい場所はどういったところを思い浮かべますか?それは、飲食店ですね。飲食店のキッチンではガスも火も使用しますので、万が一に火災が発生してしまった場合の事を考えてワイヤーガラスが設置されていることが多いのです。飲食店だけでなく、ガソリンスタンドでもワイヤーガラスが設置されています。飲食店よりガソリンスタンドの方が火災が発生する確率が高いので設置は必須でしょう。まとめますと、飲食店やガソリンスタンド等の消防法でワイヤーガラス導入を指定された店・場所に設置されていることが多いのです。最近ではオシャレなワイヤーガラスも増えてきているので、店舗のデザインガラスとして設置されていることが多いそうです。みなさんの家で使用しているガラスはどんなガラスでしょうか?

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ