ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • ガラス修理あれこれ-ガラスの熱割れに要注意

ガラスの熱割れに要注意

熱割れってどんな現象?

特に原因に思い当たりがないのにガラスにひびが入っていた、という現象がガラスには発生することがあります。実はこれ、ガラスの熱割れという現象が起きたせいです。ここでは何故熱割れが起きるのか、防止するにはどうすれば良いのか、また発生時の対処方法についてご紹介します。

熱割れの原因

住宅をはじめとする窓に取り付けられている窓ガラスは、目に見えている部分のサイズよりも一回り大きくなっており、その部分がサッシなどの枠にはめ込まれる形で設置されています。このサッシに嵌めこまれた部分は、目に見える部分のように外からの熱に晒されません。一方、目に見える部分には様々な温度変化が加わります。ガラスは温まると膨張していくのですが、サッシに嵌めこまれた部分は温度が上がっていないので、そのままのサイズを保っています。同じガラスなのに膨張する割合が違うと、ガラスにかかる力のバランスが崩れてしまうので、それにより耐え切れなくなった部分がひび割れてしまうのです。こういった温度変化の原因としては、冷暖房の温風や冷風が直接ガラスに吹きかかったり、ガラスに飛散防止フィルムや防犯フィルム、目隠しフィルムが貼り付けられていることが考えられます。また、網入りガラスは熱割れを起こしやすいと言われています。これはガラスの中に封入された金属線が熱を吸収して膨張しやすいからです。

熱割れの防止方法

ガラスに熱割れを起こさないようにするには、ガラスに激しい温度変化を与えないのが効果的です。例えば、室内で冷暖房を使う際は、直接冷風や温風が当たらないように設定をすることが必要です。また、ガラスにペンキを塗ったり、フィルムを貼り付けておくとその部分だけが温まりやすくなり熱割れを誘発するので、剥がしてしまうことも効果的です。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ