ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • ガラス修理あれこれ-網入りガラスの必要性

網入りガラスの必要性

準防火地域で必要になります

網入りガラスは、通常のフロートガラスの中に金属線で出来た網が入れ込まれた構造のガラスです。普通、ガラスは衝撃に大変弱く、バラバラに割れてしまうことがありますが、この網入りガラスでは、ガラスが網により固定されることになるので、割れたとしても網により支えられて、下に落ちることはないという飛散防止効果があります。これにより、準防火地域の窓ガラスとして網入りガラスのような防火ガラスとして使えると定められています。

災害時に強いガラス

準防火地域の窓ガラスとして使用される網入りガラスですが、実は防火設備として以外の機能もあると言われています。網入りガラスは防火ガラスとしての構造上、ひび割れてもガラスが脱落することはありませんが、そのおかげで地震による強い振動や、台風のような強風にも普通の窓ガラス以上の耐久性があります。ガラスの脱落は、避難時の妨げになるだけでなく、外から風が吹き込んだり、開口部が出来ることによる侵入者の危険性を増大させますが、網入りガラスはそういった不安を軽減することが出来る安全性に優れたガラスです。

防犯ガラスではありません

防火設備としても、災害時にも非常に心強い網入りガラスですが、一つだけ注意点があります。それは、このガラスが防犯ガラスではないということです。じつは網入りガラスは、網が入っている以外は通常のフロートガラスと同じ強度のものです。おまけにガラスが網に支えられているので、ガラスを叩き割ったときに生じる音が軽減される効果があります。これは音をだすことを嫌う空き巣にとっては大変に好都合で、通常のガラスよりも空き巣はこうした網入りガラスのほうが侵入しやすいと考えている場合もあるようです。防犯ガラスとして網入りガラスを考えているという方は、きちんとした防犯性能を満たしたガラスを選ぶようにしましょう。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ