ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • ガラス修理あれこれ-光熱費削減に複層ガラスを検討してみませんか?

光熱費削減に複層ガラスを検討してみませんか?

窓を通して熱が移動しています

現在日本で使用されている建材は少しずつ進化を遂げています。中でも断熱性能の向上は大きく、空調によって暖められた(もしくは冷やされた)空気を室内に閉じ込め、外気によって熱の移動が行われるのを防いでいます。しかし、断熱材の性能が上がる一方で、あまり変化が見られないものもあります。それが、ガラスです。
一般的に使用されているガラスはフロートガラスと呼ばれるものです。このフロートガラスの断熱性能は、トタン板一枚と同程度とされています。例えば夏季では、窓ガラスなどの開口部から入る熱は全体の約70%。冬季では、開口部から50%程度の熱が逃げていくと言われています。断熱材の性能が上がっても、ガラスを通して熱の移動が行われ、空調効率の悪化や結露の発生を招いてしまうのです。

複層ガラスで断熱性の向上を図る

これらの問題は、ガラス交換によって改善が見込めるかも知れません。断熱性能を高めるのでしたら、複層ガラスがお勧めです。複層ガラスとは、複数のガラスを重ね、その間に中間層を挟んだ構造になっています。中間層には乾燥空気を入れることや、真空にすることもあります。この中間層が断熱材の代わりとなるので、熱の移動や結露の発生を防いでくれるのです。これによって建築物の劣化を防ぐだけでなく、空調効率が向上されるため、光熱費の削減にも繋がるのです。 ちなみに、似たような方法として二重窓を設置するという方法もあります。二重窓の方が断熱性が高く、さらには防音効果も期待出来ます。その反面、開閉の手間が増えたり、施工場所が限られるといった欠点もあります。どちらを施工するべきかは、それぞれの特徴をよく比較して選択するべきでしょう。

ガラス交換は業者に任せましょう

断熱性能の高い複層ガラスへの交換は、ガラス交換の中でも人気です。複層ガラスに使用するガラスを高性能なガラスにする事で、さらに防犯や防火機能を付け加える事もできます。
現在最も普及しているガラスはフロートガラスです。しかし、フロートガラスは断熱性に劣るだけでなく、割れた際の危険性や、防犯性能の低さなども危惧されています。今でもフロートガラスを使用されているのでしたら、このようにメリットの多い複層ガラスに交換をしてみてはいかがでしょうか。ガラス交換のご相談とご依頼は、ガラスに関する施工技術を持った業者にご依頼されるのがおすすめです。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ