ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 網入りガラスや強化ガラスは防犯ガラスではありません

網入りガラスや強化ガラスは防犯ガラスではありません

そのガラスに防犯性能はあるのか

今一度、防犯についてよくお考えください。例えば玄関ドアは、ピッキングやサムターン回しなどで開けられてしまう事があります。しかし問題なのは、実はガラスなのです。
一般のご家庭やオフィスなどに使用されいているガラスは、フロートガラス(板ガラス)と呼ばれるものです。いわゆる「普通のガラス」で、見た目以上に脆く、工具などを使用すれば簡単に割ってしまう事ができます。そのためセキュリティの弱点でもあり、泥棒の多くはガラスを破って侵入してくる事があります。そのため、ガラスの防犯性能を高めることは急務です。
ガラスの中には、防犯性能に優れたものもあります。そのようなガラスに交換すれば、セキュリティを高める事ができるでしょう。しかし中には、皆様のイメージと違い、防犯性能の低いガラスもあります。防犯性能を期待して、誤ってそのようなガラスを選ばないようにしましょう。

誤解されがちな二枚のガラス

防犯性能を期待されるも、実際は防犯ガラスとは言えないものの代表が「網入りガラス」と「強化ガラス」です。この二枚のガラスは、実際はどのような特徴を持っているのでしょうか。

・網入りガラスとは
網入りガラスとは、その名の通りガラスの中に金属線の網が入ったガラスのことを指します。ガラスは、炎のような高温にさらされると割れます。そして、割れた破片は怪我の元になりますし、炎の侵入を許してしまいます。しかし、内部の網がガラスの脱落を防ぐため、そのような危険を防ぎます。
この特徴からわかるように、網入りガラスは「防火ガラス」なのです。力を加えれば割れてしまいますし、隙間からクレセント錠を開けられ、簡単に侵入されてしまいます。

・強化ガラスとは
強化ガラスとは、加熱したフロートガラスを急速に冷却し、表面に圧縮層を持たせたガラスのことを指します。それによって、フロートガラスより高い強度を誇り、割れてもガラスの破片が粒状になるため安全性が高いです。
その強度の高さから防犯性が期待されますが、実はこちらも防犯性は高くありません。尖った工具などで叩くと簡単に粉々になってしまいますし、泥棒にとっても安全性が高いため、格好の餌食にされてしまう恐れがあります。

本当の防犯ガラスとは

それでは、本当の防犯ガラスはどのようなものなのでしょうか。防犯ガラスは、二枚のガラスの間に中間膜が挟まれています。この膜が泥棒のこじ開けを防ぐため、クレセント錠を開けられるリスクを最小限に抑える事ができます。
もちろん、完璧な防犯ガラスはありません。どれだけ高度な防犯錠でも、時間をかければピッキングやサムターン回しは可能です。それと同じように、防犯ガラスも時間をかければこじ開ける事ができます。しかし、フロートガラスと比較すれば大きな差となります。網入りガラスや強化ガラスも良いガラスではありますが、防犯においては正しい防犯ガラスを選ぶようにしましょう。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ