ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 賃貸住宅でガラスが割れた時の対処法

賃貸住宅でガラスが割れた時の対処法

賃貸住宅でガラスが割れた時にすること

自分の持ち家にお住まいの方は、その中で起きたガラスの割れやトラブルの解決は、基本的に自分の手で行なうことが必要です。もちろん、ガラスの修理のような作業は、自分で行うのは危険ですから、基本的にガラス修理業者の手に委ねることになります。
しかし、賃貸住宅にお住まいの方は、その物件の管理者であると同時に賃借人であり、勝手に行なうと後で賃貸トラブルの原因になるので、踏んでおく手順があります。また、熱割れのような自然現象か、自分の不注意で割ったかによって、費用面の負担が変わる場合があります。

管理会社にご相談

マンションなどでの賃貸トラブルの場合、ガラスが割れたときはまず、管理会社にご連絡ください。
賃貸住宅では、取り付けられているガラスを始めとする内装の仕様が各部屋で統一されていることが多く、勝手に取り換えたりして仕様が変わると、退去時に交換を請求される場合があります。
とは言え、ガラスの場合は厚みや、使用されているガラスの種類(網入りガラスかどうかなど)を伝えれば、ガラス修理業者に対応してもらえる場合がほとんどのようです。
また、管理会社側で手配をしてくれれば、そのような問題もなくスムーズにガラス修理業者が対応してくれます。

保険が使える場合もあります

熱割れのように、ガラスの性質や建物の配置上の問題により生じるガラス破損は、貸主側で修理してもらうことが可能な場合もあります。
しかし、自分の不注意でガラスを割ってしまったり、あるいは台風などの災害によるガラスの割れでも、そのままガラス修理を依頼すれば、自分でその分の費用を負担することが求められます。
しかし、賃貸保険や火災保険に加入している場合、保険を使ってガラスの修理をすることが可能ですから、一度加入している保険の内容を確認しておくことをおすすめします。
賃貸保険や火災保険をご利用になる場合は証拠写真が必要になる場合がありますので、スマートフォンなどのカメラで、割れた時の画像を残しておくことをおすすめします。ガラスを撤去したり交換した後だと、証拠がないので補填してもらえなくなることもあるようです。
ガラスが割れて忙しいときかもしれませんが、費用負担を考えれば、写真を撮るのを優先しても問題ないことです。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ