ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 空き巣に狙われやすいガラス

空き巣に狙われやすいガラス

ガラス破りは侵入手口の4割も!?

死角になってしまうことが多いトイレや浴室の窓は、泥棒の侵入口として最も狙われやすい場所です。ガラス破りは侵入手口の4割を占めているため窓に対する防犯対策が大切になってきます。
つい、こんなところから入ってこないだろうと思ってしまうこともありますが、その油断が泥棒に侵入させる隙を与えてしまうのです。
ベランダなどに面した大きな掃き出し窓、何か防犯対策はとられていますか?
一般的に窓からの侵入では、ガラスを割り、そこから手を入れクレセント錠を開ける「ガラス破り」という手口が使われやすいです。
そのため、ガラスそのものの強化として、防犯ガラス、防犯フィルムの導入などを行ってください。
ガラスを破ることに時間がかかると人目に付きやすくなるため、室内への侵入をあきらめることもあるようです。
また、クレセント錠にも鍵つきのものがあるため、鍵も変更しておくとなお安心度が高まります。

とても危険なジャロジー窓

ジャロジー窓という窓をご存知ですか?もしかしたら皆さんの家にもあるかもしれません。
細長いガラス窓をブラインド状にしたものといったら想像がつきやすいでしょうか。
ジャロジー窓は、もともとキッチン、浴室などの湿度の高い部屋の換気目的で作られた窓です。おしゃれな感じがしますが、防犯性や断熱性はとても低いのです。
ブラインド状になっているガラス本体にアルミ枠がなく、外部よりドライバーなど工具で簡単に取り外しや破壊することができてしまうのです。
泥棒は下見の時点でジャロジー窓に目をつけている可能性があります。目立つ掃き出し窓よりも、素人は見落としてしまいがちなため泥棒には狙われる可能性が高くなることもあります。
ジャロジー窓の防犯対策にも様々な方法がありますが、窓自体を二重窓にする、ガラスの内側に防犯格子を取付ける方法があるようです。

防犯ガラスへの変更を!

お子さんが不注意でガラスを割ってしまったときなど、防犯ガラスへの変更がおすすめです。むしろ、チャンスといってもいいでしょう。お子さんができたから、割れにくい防犯ガラスに変更するという方もいらっしゃるようです。不注意でガラスを割ってしまうこともかなり少なくなりますよ。また、普段から防犯意識を高めていくことが大切です。大事なものを盗られてしまってから、「あのとき、変えておけばよかった…」では遅いのです。
たまに、割れた窓を応急処置的に段ボールや接着剤などで補正してそのままにしている家なども見かけることがありますが、もちろんそれは大変危険な状態です。
ひびの入った窓がまたいつ割れるかわかりませんし、破片が刺さったりなんかしたら…もう考えるだけで恐ろしいですよね。
怪我の危険性もふまえ、防犯にも気を配るのがよろしいかと思われます。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ