ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • ガラスに関係する法令

ガラスに関係する法令

防火地域に家を建てるとき

家を建てる際には、さまざまな規定を満たしながら理想の間取りに近づけていく必要があります。採光に関するものや、換気に関するもの、そして防火に対しての規制もあります。法令で準防火地域と定められている地域があります。土地を購入するときは役所にて調べてみるのがいいでしょう。この地域に建てる場合は、建物の防火のために、建築への規制が厳しく費用が高くなる傾向にあるようです。準防火地域の外壁や屋根などは、準耐火構造であることが必要です。準耐火構造とは、法によって定められた一定の時間、火に耐えうる性能を備えていることを指します。準防火地域の建物に関する規制は多岐にわたります。その中には窓に関する規制もあります。万が一火災が発生した際に燃え広がらせないために、延焼ライン内の窓は、網入りガラスのサッシなどを設ける必要があります。また、ガラスの中にワイヤーが入っているガラスは、火災の時に破片が飛散することを防ぐための防火設備用のガラスです。

網入りでない防火ガラスがある

定められた防火基準を満たして作られたガラスのことを防火ガラスといいます。繰り返しになりますが準防火地域での建築物は、延焼ライン内にある窓には防火の基準を満たしたガラスを使用する必要があります。その防火ガラスの主流はワイヤーが網や線のように入ったガラスでしたが、最近では耐火性と耐熱性に優れた網の入っていない透明な見た目の防火ガラスもあります。網の入ったものだと景観が気になる方にはうれしいものです。部屋から外を眺めるにも、網がない方が視界がよくなります。また網入りガラスと比べると、ないものの方が厚みが薄くなりサッシにかかる負担が軽減するというメリットもあります。準防火地域でなくても温度変化が大きい地域には、熱割れをしないのでお勧めです。そしてこの網のないタイプの防火ガラスがすごいのは、網莉のガラスよりも強度が高いということ。万が一割れた場合でも破片は細かい粒になるため、安全性が高いことも特徴です。特定の地域だけでなく、窓の交換の際には検討してみるのもいいかもしれません。

防火区画にも使えるガラスがある

万が一火災が起こった時に、建物の中で火災が拡大しないようにするための工夫があります。全焼を避け被害を小さく抑えるために、建物の内部を区画して空間を作っていることがあります。これを「防火区画」と呼びます。防火区画は、防火設備として設けられたものの一つです。あまり耳なじみのない言葉かもしれませんね。建築基準法で定められています。防火区画に求められる要素や規定は、面積から遮煙性能に至るまで多岐にわたり、非常に専門的な知識を必要とするものです。建築関係の勉強をしているのでもない限り、知らない方の方が多いかもしれません。防火区画に使われる壁面も当然のことながら耐火構造を備えていなくてはなりません。どのようなもので防火区画が作られているのかという一例として、耐火性能に優れたガラスであれば使用することもあります。さまざまな高い基準が求められる防火区画ですが、耐火の基準を満たしていればここにもガラスを使用することができるのです。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ