ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 安全対策に打ってつけ!強化ガラスについてのお話し

安全対策に打ってつけ!強化ガラスについてのお話し

普通のガラスとどう違うのか?

一言で強化ガラスといっても、普通のガラスとどのような違いがあるのか知っていますか。一般的にガラスのイメージといえば、割れやすいものと考える人が多いと思います。そんな割れやすい普通のガラスよりも、割れにくくなっているのが強化ガラスです。普通のガラスに比べ強度が約3倍以上と言われていて、普通のガラスとほとんど違いが判らないほど見た目が似ています。また、面での衝撃に強いため、人や物が軽くぶつかる程度では割れないような強度でつくられています。耐久性も高いので割れたせいで交換ということも普通のガラスよりも少ない傾向があるようです。

強化ガラスの使用場所

普通のガラスよりも強度が高いことはわかりましたが、どういった場所で使用されているものなのでしょうか。よく使われているのは、ショッピングモールなどの大型商業施設です。小さなお子さんが多く訪れる場所なので、予期せぬことで割れてしまうことがあります。そのため安全面から取り入れられていることが多いようです。また一般家庭にある浴室ドアのガラスでも使われていたり、公共施設で使用されていたりと、身の回りに使われていることが多いです。このような場所で使用されるのには理由があります。
強化ガラスは割れにくいとはいえ、割れることがあります。割れると普通のガラスはさまざまな大きさのガラス片が飛び散ってしまいます。しかし強化ガラスは、割れてしまったときにガラス片が粉々に砕けて割れるため、鋭利な破片ができにくくなるように作られています。そのため割れる危険性のある場所での使用が多くなっています。
お子さんが小さいころは注意していても、物を投げたり、急に走り出してガラスに激突してしまうことなどでガラスが割れてしまい、怪我をする危険性もあるので、家のガラスを強化ガラスに交換してみて、安全対策をしてみるのはどうでしょうか。

防犯ガラスとは違う?

割れにくいガラスと聞いて、防犯ガラスを想像される方もいると思います。しかし防犯ガラスとはつくりが違うので、別物と考えるほうがいいでしょう。主に防犯対策で使われるガラスは、先のとがったものでガラスを割り、鍵を開けて侵入するのを防ぐために点での衝撃に強く作られているため、ガラスの割れが広がらないつくりになっています。一方強化ガラスは面での衝撃に強いものの、点での衝撃には弱い作りになっています。そのため防犯対策としての設置は向かないつくりになっています。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ