ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 鏡の汚れの原因は?普段のお手入れと交換時期について

鏡の汚れの原因は?普段のお手入れと交換時期について

なぜ汚れるのか

毎日使うお風呂で一番水垢が目立つのは鏡ではないでしょうか。他の場所と違い汚れが落ちにくく、すぐに汚れてしまいます。この水垢の原因は大きく分けると2つあるようです。
1つ目はシャンプーや石鹸などのカスや洗剤などが付着してしまうことです。これがなんとなく汚れの原因と思っている方が多いのではないでしょうか。これを放っておくとどんどん蓄積されていきます。
2つ目は水の金属成分が付着してしまうことです。水はカルシウムとマグネシウムのなどの金属イオンが含まれています。金属イオンが蒸発すると白い化合物ができこれだけが残ってしまいます。付着して短期間なら比較的取れやすいですが、放ってほくと非常に頑固な汚れに変わってしまいます。

普段のお手入れ方法

簡単にお手入れできる方法がいくつかあります。普段からこつこつやることで鏡を綺麗に保つことができます。
1・お酢 これは一番身近にあるものではないでしょうか。鏡の汚れはカルシウム汚れでもあります。カルシウムは酸性のものに溶ける性質があるため、軽い汚れなら簡単に落ちるかと思います。
2・クエン酸 酢と同様、酸性なので簡単に落ちます。酢の匂いが気になる方はクエン酸の方がおススメです。しかし酢とクエン酸をつかる時は注意が必要です。鏡の留め具につくとサビてしまうことがあります。鏡が落下してしまうことがあるので金具にはつかないようにしないといけません。
3・市販で売っている汚れ落ち よくみかける汚れ落ち製品ですが、これも簡単に汚れをおとることができるといえます。しかし、逆に鏡が傷ついてしまうかもしてないので、隅の方で試しでやってみてから使うといいかもしれません。
一番大事なのは鏡に水滴をついたままにしないことではないでしょうか。お風呂を使用した後は綺麗に水分を拭き取ることで、頑固な水垢にならずにすむかもしれません。

交換のサイン

いくらお手入れをしていても長年使用していると鏡の周辺や正面に黒いシミのようなものが発生してきます。一見カビのように見えますがこれは鏡の裏の銀膜が科学変化を起こしている可能性が高いのです。
また経年劣化でサビやカビなど、見えないところから腐食が進んでいるかもしれません。劣化し、鏡が落ちて怪我をしてしまう可能性もでてきます。
ただし、いくら掃除しても曇っている場合はこれ以上掃除をしても意味がなくなります。少しでも気になりはじめてたら交換を検討してみるのもいいかもしれません。交換し鏡を美しく使えるようにしてみてはいかがでしょうか。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ