ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 簡単にできる?ガラスからのイヤな冷気を防ぐ方法

簡単にできる?ガラスからのイヤな冷気を防ぐ方法

内窓の効果

北海道など寒い地域で使われている二重窓ですが、防寒対策として有効的です。内窓を設置することで寒い風を中に入れるのを防ぐことができます。
工事の必要があるため、持ち家の方なら試してみるのがおすすめです。ふつうの窓には、開け閉めする関係でどうしてもサッシに隙間ができてしまいます。いくら部屋を暖房で温めても、暖かい風が逃げて、冷たい風が入ってきては意味がありません。
内窓を使用することで、光熱費の削減にもなります。また、冬の寒い季節や天気によっては、結露ができやすくなりますが、内窓を効果的に使うことで防ぐことができます。

自分でできる窓対策で寒い冬を快適に過ごす方法

賃貸アパートやマンションにお住まいの方で窓をサッシごと替えるなんてできない、という方や冷気対策にそんなにお金もかけられない、という方もいらっしゃると思います。
そんな方々におすすめの窓対策をご紹介します。自分で行う窓対策には、窓にプチプチシートや防音シートを貼る、すきまテープでサッシの隙間を埋める、断熱カーテンを使う、窓の下にボードを貼る、という方法があります。プチプチシートやすきまテープは100均でも手軽に購入できます。
窓全体からの冷気を遮断するためにプチプチシートを使い、サッシや窓枠からの隙間風を遮断するためにすきまテープを使うことで、窓からの冷気を少しでも遮断することができると思います。
また、断熱カーテンも効果的で、通常のカーテンよりも密度が高くなるように糸を織り込まれていて布自体に厚みがあるため、冷気が流れ込むのを防いでくれます。窓の下にボードを貼る方法ですが、これは板でなくてもよく、プチプチシートや段ボール、発泡スチロールでも構いません。
冷気は下へ集まる傾向があるので、窓の下をボードで塞ぐことで少しでも冷気を防ぐことができます。

防寒対策の効果

二重窓にしたり、断熱カーテンを使用したりして工夫することで光熱費削減になります。また、外からの騒音を遮断し、室内からの音が外に漏れるのを防ぐことができ防音対策にもなります。
二重窓の設置だと費用が高くなり、断熱カーテンなど自分で対策するにしても初期費用はかかってしまいますが、長い目で見れば暖房をかけ続けるよりお得になることもあります。寒い冬に向けて、まずは手軽にできる窓対策から始めてみてはいかがでしょうか。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ