ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 車のガラスには正規品と互換品がある?安く修理するポイントについて

車のガラスには正規品と互換品がある?安く修理するポイントについて

放っておけないガラスのキズ

車のガラスはとても頑丈に作られていますが、それでもガラスである以上、キズや破損が発生することがあります。例えばガラスにキズがつく原因として最も多く挙げられるのが、飛び石による破損です。運転している最中にビシッと音がして、車のガラスにヒビが入るといった経験をされた方も多いのではないでしょうか。高速で走行する車のタイヤに弾かれた道路上の小石は、車と同じくらいの速度で飛んできます。これだけでも十分に脅威ですが、対向車の相対的な速度も加われば、小さな石でもガラスを破壊する凶器となり得ます。また強い風の吹く日に飛ばされてきた看板や木片が激突してガラスにキズが入ってしまったといったケースも珍しくはありません。
一度キズが付いたガラスは、放置しておくと車の振動でどんどん亀裂が広がって視界を塞いでしまったり、より大きな破損に繋がって乗っている人が怪我をするといったトラブルの元になりかねません。フロントガラスの場合、著しく視界を妨げるようなキズがあると車検に通らないこともあると言われています。
取り返しのつかない事態に陥る前に、早め早めの修理が必要です。

ガラス修理を安く済ませるには?補修と交換について

早急な修理の求められるガラスのキズですが、一般的に車のガラス修理には費用がかかりがちです。ドアの窓ガラスはもちろんのこと、特に面積の広いフロントガラスはそのものの値段が高く、丸ごと交換しようとすると想像以上に高額な費用が必要になる場合があります。修理費用をなるべく抑えるためにも、まずは破損の程度を確認して、適切な修理を方法を選びましょう。
小さなキズであれば、傷口を補修することでガラスの視界と耐久力を維持することが出来るとされています。一般的に用いられる補修の方式は、傷口に補修液を充填し、キズを埋めて元の状態に近づけるやり方です。ガラス自体を交換するよりも安価に修理をすることができ、自力で補修するキットも市販されています。ただし、キズが見えないレベルで綺麗にできるかどうかは、やはりキズの大きさと深さによりますので、出来る限り修理のプロに判断を仰ぐのが確実です。
また、費用が高くつきがちなガラス交換ですが、交換するガラスの種類を選ぶことで、通常よりも安く交換が出来る場合があります。それが次項で紹介する、正規品ガラスと互換品ガラスの違いです。

車のガラスには正規品と互換品があります

新車に取り付けられている窓ガラスは、ガラスメーカーが自動車メーカーの要請で製造する純正の『正規品』です。それとは別に、同じ形状の窓ガラスをガラスメーカーが独自に製造している場合があります。正規品のガラスと同じように自動車のフレームに取り付けられる互換性があるため、『互換品』と呼ばれています。またガラス修理を行う業者やガラスメーカーが『標準ガラス』や『輸入ガラス』として取り扱っているのもこの互換品になります。
正規品のガラスは、自動車メーカーがその自動車に取り付ける為にガラスメーカーへ製造を依頼したもののため、自動車メーカーの認証マークが刻印されています。逆に言えば、正規品と互換品の違いは基本的にその一点のみで、それ以外の仕様や性能はほぼ同一と言われています。
同じ自動車であれば問題なく取り付けられ、紫外線カットや防汚抗菌などの基本的な機能は互換品も同じように備えています。
互換品のガラスは修理用や海外展開用に製造されているため、正規品よりも数が多く流通し、値段も比較的安価であるとされています。自動車メーカーの認証マークにこだわりがないのであれば、交換に互換品を選ぶことで修理費用を抑えられるということになります。
注意点としては、ガラス自体に自動車の制御システムと連動する機能が搭載されている場合、互換品ではその機能を使えない場合があることです。
ガラス表面の雨滴を感知してワイパーを動作させる機能や、温度を感知して凍結防止のヒーターを点けるといった機能がそれにあたります。
こうした連動機能を備えた自動車に乗られている方は、事前に互換品が連動機能に対応しているかの確認が必要です。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ