ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • フロントガラスに入ったキズやヒビを消す方法をご存知ですか?(2)

フロントガラスに入ったキズやヒビを消す方法をご存知ですか?(2)

フロントガラスに入ったキズやヒビを放置することは危険です

フロントガラスは傷つきやすく、気付かないうちに細かなキズやヒビが出来てしまいます。多少のキズやヒビだからといってそのまま放置しておくことは危険です。そのキズから徐々にヒビが広がってしまう可危険性があります。キズが広がる主な原因は、車内外の温度差・振動・風圧です。普段から車を運転する場合は、これらの要因を避けることは困難でしょう。
走行に支障をきたすと判断された場合は、車検に通らなくなる可能性があります。基本的には1㎝以上のヒビがある場合は修理をしなくてはいけません。大きさによっては、フロントガラスの取り替えが必要になってしまいます。早急に修理し解決することで、交換費や車両保険など無駄な出費を防ぐことが可能です。

キズやヒビを消す方法

現在では様々な種類のリペアキットが販売されています。リペアキットとは、ガラスの表面を掃除した後に補修液を注入し、加圧することでキズやヒビを修理するといったものです。
リペアキットを使用することで、ご自身で修理することが可能でしょう。比較的安価で購入することができます。修復範囲が狭く、数ミリ程度と言われているため、完璧に修理できる可能性は低いです。そのためキズやヒビが大きくなる前にリペアキットを使用することが重要になります。
リペアキットでの作業は晴れた日の日中に行いましょう。気温が低いと薬剤が固まりにくくなってしまうからです。

まとめ

フロントガラスのキズやヒビを放置しておくことは危険です。小さなヒビでも、放置しておくことで問題は大きくなってしまいます。交換費や車両保険などの出費を防ぐためにも早急に修理するようにしましょう。リペアキットを使用することで、小さなキズやヒビなら簡単に修復することができます。早めの対処を心掛けることが重要です。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ