ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 窓に貼る断熱シートの選び方と手順

窓に貼る断熱シートの選び方と手順

断熱シートの効果とは

断熱シートとは、いわゆる窓に貼るダウンジャケットです。

・暖気が窓の外に逃げる…暖房の効きが悪い!
・窓の結露がひどい…晴れているのにポタポタしずくがつく!
・ほかと比べて光熱費が高い…空調費をどうにか節約したい!

こういった方は、ぜひ導入を検討してみるべきでしょう。熱は、主に窓ガラスを通して部屋の内と外とを出入りしています。よって、単純な話、窓を断熱シートで覆ってしまえば冬の寒さも夜の冷え込みもたちまち解決できるということになるからです。

断熱シートを利用するメリットはもちろん暖かくなるだけではありません。窓にシートを貼ることでガラスの結露を防ぐ効果も期待できます。結露はとくに冬の朝場など、外気と内気の温度差が激しいときに起こります。結露を防ぐことができれば、カビの発生原因も無くすことができるでしょう。また、部屋の中の暖かさが保たれるということは、光熱費の節約にもつながることが考えられます。断熱シートは一石三鳥だと言っても過言ではないのです。

断熱シートの種類と選び方

最近の断熱シートはさまざまなタイプのものが売られています。その中でもスタンダードなのは、薄くて外の景色もよく見える!といった「フィルムシート」タイプ、あるいは引っ越しの際の時に使う「プチプチ」タイプの2種類かと思います。

フィルムシートタイプのものは半透明のものが多く、比較的外の景色も見えやすくて窓の見た目を損なうことがありません。一方で、プチプチタイプのものは断熱性に優れており、貼り付けるだけで二重窓のような層を作り上げることができます。しかし、フィルムシートタイプのものは効果があまり感じられないという面や、プチプチタイプのものは見た目があまりよくないといった面もあります。

この二種から選ぶのであれば、「断熱効果」、「見た目や明るさ」、「価格」の3つのポイントで検討することをオススメします。

断熱シートの貼り方

断熱シートは、おおよそ窓にそのまま貼り付けられるタイプが主流です。ここでは、多く出回っている水貼りタイプの断熱シートの貼り方を紹介します。

① シートをカットする
② 窓を掃除し、きれいにする
③ 窓に水を吹き付ける
④ 断熱シートを貼る

断熱シートはこのような手順で簡単に貼り付けることができます。もし窓に凸凹があってうまくいかないときは、跡がついてしまうため、両面テープではなくマスキングテープや養生テープを使用するようにしましょう。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ