ガラス修理のあれこれ

  • TOP
  • 最新のガラスってどんなものがある?特徴をご紹介します

最新のガラスってどんなものがある?特徴をご紹介します

最新のガラスって何があるの?

最新のガラス、それはLow-Eガラスです。Low-EガラスのLow-Eとは低放射のことをさします。この放射率が低いほど、夏は太陽からの熱を遮り、また冬はお部屋の暖かい空気を守ります。

Low-Eガラスは、窓の断熱タイプと遮熱タイプに分かれます。
断熱タイプは室内側に特殊な金属コーティングをしています。そのおかげで太陽からの熱は通しますが 室内の熱は外に逃がさないようにしてくれるのです。
遮熱タイプは室外側ガラスに特殊な金属コーティングをしており、お部屋の中にはいってくる太陽からの熱をカットする効果があります。夏の西日にも効果を発揮してくれます。

Low-Eガラスを取り入れるメリットは?

Low-Eガラスは紫外線カット、結露防止、省エネが期待できます。

紫外線はシミやソバカスの原因となり、またカーテンや家具の色あせや劣化に繋がります。そのため紫外線をカットしてくれる効果は大きいでしょう。
ほかには、紫外線はカットしつつ赤外線は通してくれるという効果もあります。

結露は、外と中の空気の温度差によって起こります。結露ができると、カビやダニが発生しカーテンも汚れてしまいます。
Low-Eガラスは、温度差のある中から外への空気の流れを防いでくれるため結露を防止してくれるのです。

最後は省エネ効果です。
Low-Eガラスは、窓の断熱効果により夏は熱を通さず涼しさを保ち、冬は暖かい空気を逃がさないため冷暖房費を抑えることができるからです。

Low-Eガラスは複層ガラスと組み合わせると効果が上がる!

昔は単層ガラスが使われておりましたが、最近では複層ガラスが主流となっています。複層ガラスとは、ガラスとガラスの間に空気があることで断熱・遮熱に優れているものです。これってLow-Eガラスと同じですよね。
そこで最新のガラスであるLow-Eガラスと組み合わせることでより効果のアップが期待できます。Wの効果でより快適な生活が送れるようになるでしょう。

ガラス修理業者おすすめナビ一押し

おすすめガラス110番

ガラス110番

サイト名 ガラス110番
URL http://garasu-rits.jp/
TEL 0120-127-008
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ガラス修理のあれこれ

ページの先頭へ